Information

節分

The last day of winter, setsubun

こんにちは!

昨日は2月3日、節分の日でしたね。みなさん恵方巻は食べましたか?豆まきはしましたか?

京都には4000近くの寺社仏閣があり、どこでも節分祭が行われます。

例えば、吉田神社で行われる節分祭は特に有名です。3日間に渡って行われ、主な祭儀としては、疫神祭、追儺式、火炉祭の3つの儀式が行われます。さらに、赤や青、黄色の鬼が境内や参道に登場したり、800店もの露店が立ち並んだりと、毎年盛大に賑わっており、「京都の冬の一大風物詩」とも呼ばれています。

その他にも、祇園に近い八坂神社では舞妓に芸妓が奉納舞を披露し、京都らしい、非常に華やかな節分祭になっています。

ぜひ来年の節分は京都で過ごしてみてはいかがですか (^^♪

 

Hello!

It was 3rd March yesterday, which is “The last day of winter” called “Setsubun” in Japan,

There are about 4000 temples and shrines in Kyoto, and they hold a festival of “Setsubun”.

For example, a festival which is held at Yoshida shrine is especially famous. It’s held for 3 days, and there are 3 big ceremonies, “Ekizin-sai”, “Tsuina-shiki”, and “Karo-sai”. Moreover, 3 Japanese devils in red, blue and yellow walk in the shrine, and over 800 street stalls open during the festival.  It’s worth to come visit!