Information

保津川下り

保津川の舟下りが今日のように盛んとなったことについては、京都の豪商であった角倉了以の保津川の開削におうところが多い。了以は51才の時、かねてから思っていた保津川を開削して丹波と京都を結び、水運を利用して豊富な丹波の物資を京都に運ぼうと決心、慶長11年3月、周囲山に囲まれて難所の多い上、巨岩巨石が横たわり、しかも急流である峡谷を開削、水路を作る工事に着手した。そして幾多の犠牲を払い巨費を投じて、保津川は了以によって水運が築かれたのである。

彼は保津川の水運を開いただけでなく、京都の高瀬川を開いて京都と大阪を運河で結んだ他に、幕府の命を受けて天竜川・富士川の舟運も開いたのである。

保津川下りの終着点に近い嵯峨嵐山に舟がはいると右側の山腹に大悲閣(千光寺)が見える。この寺は了以が開削工事の犠牲者の霊を弔うために建立した寺である。了以翁の記念碑も建っている。


——————————————————————-
保津川發源於京都府中部地區的丹波高地,自園部出發,環繞群山奔流至龜岡,再穿越16km的山間峽谷,傾瀉至天下名勝嵐山,與鴨川匯合後流入澱川。通常將這段自龜岡至嵯峨嵐山(京都市右京區)、以峽谷之美與順江遊船而著稱,聞名遐邇的區間稱為保津川。

所謂“順江而下”最早是指利用保津川的水利將物資運抵下游的京都、大阪,即是指一種水運方式。其歷史早在京都被營造為首都之前,長岡京還是首都的時候,這種運輸方式就開始了,後來又先後為營造京都嵯峨的天龍寺、臨川寺、大阪城已及伏見城等,利用了保津川的水利,以木筏將木材從遙遠的上流丹波運輸出去,才備齊了資材。

不僅僅包含木材,慶長11年(1606年),被稱為川大名的京都富商角倉了以開鑿了水路以後,大米、小麥、薪炭等也可用淺灘船運輸了。丹波豐富而優質的木材、穀類、薪炭,直至戰後的昭和23年(1948年)為止一直由水路運抵京都,但由於山陰線電車的開通(明治32年)(1899年),以及戰後卡車運輸的增加,以木筏及貨船為主的水運逐漸退出了歷史舞台。

保津川峽谷美麗的大自然一年四季各有千秋,巨石林立、群山環繞、水花四濺的激流、神秘如鏡的深潭等等富於變化的景觀詩情畫意,令人流連忘返。因此、從明治28年(1895年)左右開始出現載有觀光遊客的遊船。在木筏和貨船已然不見的今天,只剩有觀光的遊船了。

自龜岡至嵯峨長達16km的保津川順流遊船,今天已經成為世界著名的順流遊船,每年有大約30万的遊客到訪,在這裡飽享四季獨特的自然風光,以及獨一無二的驚險與刺激

保津川的順江遊船之所以能像今天這樣享譽世界,多半是受惠於京都富商角倉了以將保津川開鑿休整的結果。了以51歲時,決心將早就打算好的保津川開鑿休整計劃實施,將丹波和京都連接起來,利用水運將豐富的丹波物資輸送到京都,慶長11年(1606年)3月,他開始著手將周圍山巒環繞,巨石阻擾,激流湧動的峽谷開鑿出一條水路。最後了以投以巨大的犧牲并斥巨資後,保津川才得以建成完善的水運系統。

他不僅開拓了保津川的水運,還開拓了京都的高瀬川,將大阪和京都用運河連接起來,同時還受命於幕府,開拓了天龍川‧富士川的船運系統。

行船至保津川順江遊船終點附近的嵯峨嵐山時,在右側的山腰處可以望見大悲閣(千光寺)。這是了以為紀念開鑿工程的遇難者建立的一所寺廟。同時,這裡也建有了以翁的紀念碑。