Information

南禅寺水路閣

Suirokaku waterway in Nanzen-ji Temple

みなさん、こんにちは。京都橘屋です。
いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。
今日は、蹴上にある南禅寺水路閣について紹介したいと思います!
この水路閣は、南禅寺の境内にある琵琶湖の水を京都の街へ運ぶために作られた水路橋で、
古代ローマの水道橋を参考にして、明治時代に建設されたと言われています。
レンガ造りのその橋は、異国感があるにも関わらず、違和感なく「日本」として美しく調和しています。
実際に、上のほうに上って橋の中を見てみると、橋は地面と平行なのに水がきちんと流れているのです。
私は、その光景を目の当たりにして吃驚しました。
日本の古都としての京都とはまた別の”京都”を味わえる場所です。
京都を訪れた際には、是非足を運んでみては如何でしょうか?
〈アクセス〉
最寄り駅: 京都市営地下鉄東西線 蹴上駅
蹴上駅より徒歩で約7分

Hello, how are you?
Thank you for always looking at this blog.
Today, we’ll introduce about the Suirokaku waterway in Nanzen-ji Temple in Keage.
There is Suirokaku in the precincts of Nanzen-ji Temple in the waterway which was made to carry water of Lake Biwa to Kyoto.
And it is said that it was built in Meiji era in reference to Waterway of the Ancient Roman age.
The brick bridge has harmonized beautifully as “Japan” although it is exotic place.
Actually, when I went up a hill road and saw inside the bridge, I was surprised by the scenery that the water was flowing even though the bridge was parallel to the ground.
You can feel another “Kyoto” there, not Kyoto as the former capital of Japan.
Why don’t you go there if you want to feel that?
*Access*
The nearest station: Keage Station (Kyoto City Subway/Tozai Line)
You can get there in about 7 minutes from the station.